2009年01月06日

豆乳がダイエットによい理由

豆乳は健康食品としてとても人気があり、体によいことだらけの食品です。
でも、人気が高い理由はそれだけでありません。
ダイエット効果のある成分大豆ペプチドと大豆サポニンが豆乳に含まれていることも人気のひとつです。
豆乳を摂取すると、腸において大豆ペプチドが吸収され、腸管の神経を刺激するという現象が起きます。
そして交感神経が優位になり血流が増えて、基礎代謝が高まります。
基礎代謝は日本人の成人男性だと1日1400キロカロリー、成人女性だと1200キロカロリーと言われており、
その値は人が生命を維持するために必要とする最小のエネルギーになります。

「ダイエットにいい」と豆乳が評判な理由は、この基礎代謝を高めることができ、太りにくい体質へと変えることが豆乳を飲むだけでできるところにあります。
太っている人の小腸にあるせんもうという部分は大きくなっていることがよく見受けられます。
この状態だと、余分な脂肪や糖質を吸収しやすく、さらに太りやすくなります。
豆乳を飲むことで大豆サポニンが摂り込まれると、太りやすくなった体質が徐々に変わっていきます。
肥大化した繊毛は大豆サポニンによって正常に戻され、脂肪や糖質が余分に吸収されないようにそのスピードが遅くされるのです。
豆乳はすい臓から分泌される脂肪消化酵素を活性化する力もあり、脂肪が腸内で吸収されにくくなるため、この点もダイエットに効果的だといわれるのです。
豆乳の持つメリットは、身体にいいだけでなく、ダイエットとしても役立つことです。


posted by ao at 00:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。